女性がん保険

確率50%だから

"がんは日本人の死因の第一位で二人のうち一人はがんで
亡くなるといわれます しかし死亡率の高い肺がんやすい臓
がんなどは最悪の事態になるまで症状がなく、発見された
時にはもう手術不可能というケースが多いようです
私自身50歳後半にはいりがん年齢になりました 父親が
がんでなくなり 母親も先日大腸ガンの手術をしました
遺伝の因子はそう大きくなく生活習慣できまるという医師もいますが胸や内臓に痛みが出るとがんではないかと疑心難儀
になります 「ガンとたたかうな」の著書がある近藤 誠 医師
の説によれば がんは転移する本物のがんと転移しない
がんもどき があって 本物のがんにかかって運よく見つかってもすでに転移しているから生存の可能性は低い
したがって がん検診も健康診断も受けないほうがいい
との指摘です 常識的なお医者さんからはとんでもない
といわれそうな発言ですがデータもあり説得力がありました
二人に一人はがんでなくなるのだからあとは運を天にまかせて人生楽しむのが一番と割り切れれば…"

日本人の死因第1位

"ガンは日本人の死因の第1位にあげられるもので、私達も気を付けなければいけない病気です。実際私も祖父を癌で亡くしています。
癌と診断されると、通告された家族は本当に辛いです。治る可能性があるのであっても私は本人の意思を尊重したいと思っています。抗がん剤治療は副作用などで苦しむ可能性もあるというのも理由です。
これから私が一番心配なのは父親です。父はヘビースモーカーなので肺がんにならないか本当に心配です。たばこが値上げしたのを機に禁煙でもするのかなと思ったのですが、全くと言っていいほどしません。現在は健康診断でも異常はないそうなのですが、いつかは癌になるんじゃないかと思うくらいタバコを吸っています。
なので私が一番心配している癌は肺がんです。その他の癌は気を付けても予防策というのが私の中ではありますが、肺がんだけはタバコを吸わなければいいと思います。
私もいつかは癌を申告されそうな気がしますが、気を付けて生活をしていきたいと思っています。"

父からもらった教訓

"父は45歳の若さで、胃がんで亡くなりました。
年齢が若いと病気の進行が早く、初めて病院に行ってから7ヵ月後にこの世を去りました。

手術も上手くいったそうですし、
普通の人より病気もしない体力のある人だったんですが、
ダメでした。

父方の家系はガンで亡くなる人が多く、
私たち兄弟も気をつけないといけないねと話しています。

迷信や都市伝説の類だとは思いますが、
ガンは頑張りすぎる人がかかってしまう病気だそうです。
ぐっと歯をくいしばって、力むのが良くないとか。

またガン細胞というのは、酸素不足になった普通の細胞が生き残りをかけてガン化するためにできるんだそうです。
だから、ガンを予防するには、深呼吸が良いとか。

こんなホントともウソともわからない話ですが、
この話を聞いた時、父は深呼吸も忘れてしまうほど、私たち家族のために頑張ってくれたのかなと切なくなります。

ガン体質かもしれない私はせめて、
あまり頑張らず、ゆっくり深呼吸して、
ガンで早く死んでしまうことのないようにしたいなと、
父からの教訓を思い起こすようにしています。"

子宮頚部癌になって考えたこと

"私は、出産を終えてからしばらくたっても不正出血が止まらなかったため、病院を受診しました。産後特有の出血だと思っていたら、子宮頚部癌が見つかりました。すぐに処置を行いました。経度の子宮がんだったために、体に対する影響は少なかったのですが

私はすっかり不安になってしまいました。この子宮頚部癌が発見されるまで、私はおおきな病気なんてしたこともなく健康そのものだと思っていました。

大げさに言えば、私は病気とは縁がない、どこか他人事のように思っていたのです。

私はこの子宮頚部の切除術を受けた後から、定期的に健診を受けています。私は今は健康そのものですが、明日もそうであるとはだれも言えません。人の体は常に変わっていきます。

今後は、女性特有の癌を含め、自分の体に責任を持っていきたいと思いました。苦しむのは自分自身であり、家族が悲しみます。

体のどこの部位でも異変を感じたら病院にかかるのは大事なことだと思うのです。"

友人の父のガンの発覚で加入しました

"私は少し前までガンなんてまるで他人事のように思っていました。ですから当然ガン保険にも入っておらず、またしばらくは入らないつもりでいました。

しかしそんな私の認識を変える出来事が起こったのです。それは友人の父のガンの発覚です。

友人の父はまだ若く、体も元気でまさに健康そのものという感じでした。そんな人が突然ガンになってしまい、とてもショックが大きかったです。そこで私はいくら若く健康であっても、誰もが突然ガンになる可能性を多かれ少なかれ秘めているのだという事に気がつきました。そんな事少し考えればわかりそうなものですが、やはり実際に体感しない事には気づきにくいものなんですよね。

それからは私もガンという病気に対して真剣に考えるようになり、早いうちからのガン保険加入を検討しました。この話を家族にも話し手、今では家族皆でしっかりとガン保険に入っています。本当に何が起きるかはわかりませんから、しっかりとそうした対策は取っておく必要があると思います。"

肝臓がんで・・・

10年前に実の父親を肝臓ガンで亡くしました。60歳でした。肝臓ガンはゆっくり進行するので50代の働き盛りの時にずっと闘病生活をしていたことになります。会社も辞めてずっと入退院を繰り返してきました。本人には告知しませんでした。いばっているわりには小心者できっと病気になんて向かっていけないと思ったからです。最後まで自分の病気を知りませんでした。ガンは少しずつ父の体をむしばんでいきました。あちこちに転移し、とうとう大腸に転移し、人工肛門になったりして介護も必要になりました。最終的には白血病で亡くなったのですが、本当に苦しそうでかわいそうでしたね。抗がん剤もきつく意識は常に朦朧としていました。でも亡くなる前日はすごく冗舌で信じられないほどペラペラしゃべっていましたね。ただ内容は意味不明で何を言っているのかわかりませんでしたが、力強いしゃべりで看護師さんもびっくりしていました。最後は家族全員に見守られ静かに息を引き取りました。

抗がん剤とガン

"私の父がガンになってから、抗がん剤治療を始める事になったのですが、抗がん剤と言えばドラマのイメージが強い為か、とても恐ろしい治療のような気がしていました。

例えば、抜け毛が増えてしまうとか吐き気が止まらなくて倦怠感がもの凄いなど、色々と勝手なイメージが先行していました。

その為、父も一体これからどうなってしまうのだろう?と心配していましたが、アレルギーがほとんどない父の場合副作用というものが全くと言って良い程ありませんでした。

吐き気がないどころか、全く病気前と変わらない食欲には私達家族だけでなく病院の先生も驚いていました。

ここまで父のように何も起きないケースは珍しい事なのかもしれませんが、何でもかんでもドラマのように症状を当てはめてはイケナイのだなと思いました。

患者さんによってガンが発生する場所も違えば、症状もそれぞれ違うという事を学びました。

しかしながら、ガンという病気が恐ろしい事には違いなので、唯一苦しまずに済んだ点に過ぎません。"

お医者様が癌になった話

" 有人にご主人が開業医をしてらっしゃる方がいらっしゃいます。
 消化器内科が専門のご主人は、癌センターで検査をしてもらい、、入院の手配も済ませてから、有人にレントレン写真を見
せて、どう言う癌なのか、どのような手術をするのか説明したそうです。
 さすが医者様、早期発見だったので、数週間の入院で、後は定期的に通院するだけでした。
 抗ガン剤も少しの期間服膺しただけで、放射線治療もなかったようです。
 ですが、自宅療養になってからが大変。
最初は8回くらいに分けて食べるのですが、胃に優しく消化の良いものを有人に作るように言うのですが。「このっ調理法では消化が悪い」「野菜も調味料も、きちんとcを計ってから作るように」などたくさん注文が付き、彼女は1日中、キッチンに籠もる羽目に。
 体重も毎日体重計でチェック。
毎日カロリー計算に、血圧測定、体重測定。
 見ている彼女の方が疲れて具合が悪くなりそうだと、会う度言っていました。
 体調管理をしてもらえるのは良いですが、ここまでされるとちょっとって感じですね。"

とりあえず2つのことの実践

"ガンは不治の病ではなくなりましたが、今でもガンは厳しい病気に変わりはありません。手術などになってしまうと、リハビリや抗がん剤など大変な病後もあります。
ガンに対する有効な手段は治療法だけではありません。
ガンに対しては2つのことを実践するだけでその危険度はかなり下がることは確実です。
一つ目は予防のことで禁煙するということです。もともと喫煙しない人はあまり関係のないように思われますが、回りに喫煙者がいるとそのフィルターを通さない副流煙は強力な発がん性を持っているので、周りにも禁煙を勧めることが重要です。
喫煙は肺がんだけではなくほぼすべてのガンにプラスのリスクを与えることが分かっています。禁煙するだけで他のどんな予防より効果があると思われあす。
二つ目はガンの定期検診を受けることです。ガンは予防してもなってしまうことはあります。それを早期発見して早期治療するのです。早期に治療できれば、リハビリや治療後も大きな変化はなく生活できます。
"

ガンで怖いの他の病気との併発

"米国は、世界で有数の肥満大国です。
太っている人間が極めて多いですので、病気にかかるリスクが他の国よりも高く、そうした病気に対応するために病気の研究機関の発展が著しいのが特徴です。
特に、米国ではガンの研究が盛んに行われています。

ガン研究でテーマにされるものの一つに、他の病気との併発問題が考えられます。
米国は肥満大国と言いましたが、本当にその通りで糖尿病患者がものすごく多いのです。
糖尿病が多いので、その治療に当てるための研究がされる過程で、ガンとの関連も深く考えられてきました。
そして、ある一つの事実がわかってきたのです。

糖尿病になった患者に処方される薬が、新たなガンを発生させるリスクがあるとわかってきたのです。
しかも、そのリスクはかなり高いラインで推移しており、今深刻な問題とっています。

そしてこうした問題に対処するために、糖尿病とガン双方を睨んだ治療法が現在考えられています。
もしその方法が見つかれば、ガンと糖尿病二つの重い病気を一気に治せる夢のような薬が開発されるかもしれません。"

最新のエントリー一覧

肝臓がんで・・・
10年前に実の父親を肝臓ガンで亡くしました。60歳でした。肝臓ガンはゆっくり進行...

抗がん剤とガン
"私の父がガンになってから、抗がん剤治療を始める事になったのですが、抗がん剤と言...

お医者様が癌になった話
" 有人にご主人が開業医をしてらっしゃる方がいらっしゃいます。  消化器内科が専...

高齢者再就職給付金